乾燥肌対策として化粧品に使用されることで有名なヒアルロン酸の働きや、原料について解説しています。

ヒアルロン酸って?

ヒアルロン酸は人間の体内にあり、お肌の潤いや、弾力を保ってくれる成分です。

ヒアルロン酸の美容効果といえば、何といっても抜群の保水力。1gあれば6リットルの水分を保持することが出来ます。

常に潤っているなら良いのですが、残念ながら年齢を重ねるごとに、量は減少してしまいます。そうなると下降する一方で肌の乾燥や、張りのない肌、更にシワやシミの原因にもなってしまいます。

特に目元は、ゆで卵の薄皮くらいの皮膚なのでとても乾燥しやすい部分です。乾燥したまま1日に何回も瞬きをすることで、ちりめんジワや、小ジワが出来てしまうのです。

だからこそ目元には、より保湿力の高いヒアルロン酸が入っているアイクリームを使うようにしましょう。

ヒアルロン酸を助ける仲間たち

ヒアルロン酸は、コラーゲンや、エラスチン(コラーゲンを支える線維)と一緒だとより効果を発揮します。

簡単に仕組みを説明すると、エラスチンがコラーゲンを支えて、コラーゲンがヒアルロン酸を肌にとどまらせてくれているのです。この3成分が肌の美しさをつくっているといっても過言ではありません。

またビタミンとも相性抜群です。ビタミンCやB郡と一緒にすることで、保水力を高め長時間効果を持続させられます。